スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

【その他】青年部の部員資格(年齢等)の変更について

部長の小野です。

5月23日(金)に桑折町商工会(親会)の通常総会があり、
私も青年部部長(親会では理事になっています)として
出席してきました。

様々な議題がありましたが、中でも青年部にとって重要
だったのが、青年部の部員資格の変更についてでした。
これまで
「年齢満40歳以下の男子」
となっていたものが、今回の総会の承認により
「年齢満45歳以下の者(女性も可)」
と変更になったのです。

全国的に部員数の減少が問題となっていたのは周知の
事実ですが、特に今現在36~40歳の部員が多く、このまま
40歳で卒業を迎えると、4年後には全国の青年部の規模が
半減に近い形で縮小してしまうとのこと。このデータを踏まえ、
全国、そして福島県でも年齢上限を45歳まで引き上げる方針
を決定。各単会で承認が得られれば引き上げることができる
ようになったため、桑折町ではその考えに賛同し、今年度の
青年部及び親会の総会での承認となったものです。

ただし、年齢上限を上げただけでは単に組織の延命を図った
だけに過ぎず、人数減少の抜本的な対策になっていないのも
事実・・・・。今回の措置によって組織が健全な形を維持している
間に、若手後継者の加入促進、また若手経営者の桑折町への
起業・創業支援など、会員が増えるための策を考えていかな
ければいけないところです。・・・・なかなか難しいですね(>_<)。

そして、今回の変更で女性の参加も可能となった青年部ですが、
女性部さんとの兼ね合いもあるため、桑折町では青年部に参加
できる女性は「女性経営者・後継者」に限ることとなりました
(青年部員の奥様などは不可となります)。

そんなこんなで、今年度で40歳となる自分にとっては何とも
微妙な気持ちがあったりするのですが(笑)、今回の決定が
より良いものになるよう、何とか力を尽くしていきたいと思い
ます(^^)。

若手経営者&後継者の皆さん、
        ぜひ桑折町商工会青年部へ!




スポンサーサイト
15:26 | その他の活動 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

【定例会】5月定例会開催

部長の小野です。

久しぶりの定例会の報告です・・・・とはいえ、
定例会自体は毎月ちゃんと開催している
のですが(^^;。これから今年度の活動も
本格化していくので、ネットをもっと有効活用
していかなくちゃいけないですね。

ということで、5月20日(火)午後7時30分より
桑折町商工会仮設事務所会議室にて、
青年部5月定例会が開催されました。
今回の主な議題は2つ。

まず地域振興事業の一環として、「商工会の日」
に合わせてクリーンアップ活動を実施します。
6月6日(金)午後6時に商工会に集合し、周辺
地域の清掃活動を行います。作業終了後、
午後7時30分よりさこちゃんにて懇親会を
開催予定。仕事で清掃活動には間に合わない
という方も、夜の部だけでも参加OK!
部員の方は忘れずに出欠連絡をお願いします。

そしてもう1つが、毎年秋に実施している青年部
主催のイベント事業
について。今年ももちろん
実施予定なのですが、現在某補助金の申請を
しておりまして、それが通れば今までになく
大規模なイベント
が開催されることになります。
おかげで、青年部と事務局は4月から深夜に及ぶ
会議を繰り返し、既に例年のイベント実施直前の
ような慌ただしい状態に(>_<)。現段階ではまだ
多くのことは語れないのですが、10月上旬に
実施予定のこのイベント、いろいろ決まってきま
したらこの場でもお知らせしていきたいと思います。
また、第1回実行委員会も今月末に開催の予定に
なっておりますので、関係各位の皆様どうぞよろしく
お願いいたします。

そして、1つ嬉しいニュースが!
この5月から新入部員が1名入部することになり、
定例会から参加してくれました。地元桑折町で
解体工事などを主に行っている、有限会社キタザワ
の後藤聡朗くん
です! いや~、嬉しいですね(^^)。
青年部活動で得られるものは本当に大きいので、
忙しい時期もあるかとは思いますがぜひ積極的に
参加してもらえればと思います。

ということで、定例会終了後は後藤くんの歓迎会に。
日付が変わる頃までなんだかんだ盛り上がってました(^^;。
まだまだ人数は少ないですが、桑折町商工会青年部、
一致団結してガンガン活動していきたいと思いますので、
今後ともよろしくお願いいたします(^^)。


11:06 | 定例会 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

【事業計画】平成26年度 事業計画

<平成26年度 事業計画>

1.一般事業
(1)地域振興事業
  ・町内清掃クリーンアップ活動の実施
   商工会の日「クリーンアップ事業」
(2)研修事業
  ・資質向上のための研修会等の開催
  ・先進地等への視察研修旅行の企画実施
(3)広報事業
  ・県北商工会青年部連絡協議会広報紙
   「けんぽくぽく」記事掲載
  ・ホームページの更新
  ・会報誌の作成、発行
  ・青年部活動の対外的PR
(4)福利厚生事業
  ・商工会親善球技大会への参加
  ・忘年会、新年会の開催
(5)異業種等交流事業
  ・県北商工会青年部連絡協議会事業への参加
  ・福島県商工会青年部連合会事業への参加
  ・その他異業種との積極的な交流

2.特別事業
(1)絵画コンテスト事業
  桑折町の活性化と郷土愛を高めることをテーマに、
  地域独自の歴史的資源・文化を基盤とした事業を
  展開し、桑折町を更に魅力的で暮らしやすい町に
  していくとともに、商工業者の発展に寄与できる
  企画・提案を推進する。
(2)地域アピールCM制作事業
  「自分たちの町」をアピールする手作りCMを
  制作し、KFB福島放送で実施予定のCM大賞
  にエントリーしながら、町内独自の文化・歴史・
  特産品などをPRして、町内外からの誘客や
  地元活性化につなげる。
(3)永久グルメ開発事業
  我々青年部は、桑折町の魅力や文化、歴史などを
  広く伝えるべく様々な事業や活動を行ってきた。
  しかし、思ったような効果が町に出ていないのが
  現状である。どうしたら桑折町を知ってもらえる
  のか。本当に今までのやり方でいいのか。
  そこで既存のものではなく、自由な発想と行動力
  のある青年部の手で、今までにない何かを作り
  出していくことも必要なのではないかと考え、
  桑折の新たな「食」を開発し、違った角度から
  対外的に桑折の魅力を発信していく。
(4)桑折町商工業活力再生イベント事業
  近年緩やかな衰退が続いている地元商店街に改めて
  光を当て、埋もれていた地元ならではの魅力を掘り
  起こすことにより、桑折町民はもちろん近隣市町村
  の人たちにも桑折の良さを知ってもらい、イベント時
  以外にも人が訪れる、魅力ある商店街を作り出す。
  また、東日本大震災とそれに伴う原発事故の影響に
  より沈みがちになっている桑折町民及び桑折町全体に
  元気と活力を取り戻す契機とする。



14:06 | 事業計画 | comments (0) | edit | page top↑

【部長挨拶】平成26年度 部長挨拶

東日本大震災から早や3年が経過しました。
その間、町では除染が至るところで行われ、災害復興
公営住宅や屋内プールを含んだ多目的施設の建設にも
着手。「除染後」の新たな町の姿も垣間見えるように
なってきました。

そんな中、商工会青年部も「変化」の時期を迎えている
のを感じます。全国的なレベルでは、青年部員の減少に
歯止めを掛けるべく、年齢上限の引き上げ及び女性部員
の参加について積極的な議論が行われ、部員資格が
「45歳までの者(女性も可)」となることが決定。
福島県内の各青年部もそれに追随する形を採ることに
なっています。

私たちの住む桑折町について言えば、昨年度末に商工会
そして桑折町の10年後のあり方を考える「将来ビジョン
会議」が商工会にて開催され、次世代を担う立場にある
青年部員・OBも多数参加して議論を重ねました。
「このままではいけない」「何か新たな取り組みを行って
いかなければ・・・・」変化を望む声が多く聞かれた、貴重な
会議となりました。また、青年部活動の具体的な部分に
ついても、変化していく町の状況を考慮しながらのイベント
・各事業の実施が必要となってきています。

以上のことを踏まえ、平成26年度の桑折町商工会青年部は、
残すべきところは残す・変えるべきところは変える
『存続と進化』をテーマに、1人ひとりが考え・発言し・
行動していくことにより、個人の自発的な向上はもちろん
のこと、積極的な活動によって生まれる得難い「経験」や
「絆」を礎に、青年部そして部員各個人の今後10年の土台
を創る大事な1年にしていきたいと考えます。

       平成26年度 桑折町商工会青年部 部長
                小 野 紀 章



13:40 | 部長挨拶 | comments (0) | edit | page top↑

【桑折町関連のHP】カフェ図書 まゆたま(閉店)

bookcafe.jpg

蚕がさなぎの時期に過ごすまゆの中のように、訪れる人にとって心地よい
空間でありたい。まゆの中で成長していくように、このカフェで新たな
チャレンジに踏み出せるように。そして、一本の繭の糸をつむぐように、
この町の人がつながっていけたら・・・・。

まゆたまは桑折町の人たちと都市研(都市まちづくり研究会)によって
作られた、カフェ+読書の新しい喫茶店です。
店舗は、商店街で空き店舗となっていた古い建物を改修して使用。
懐かしさとともにどこか落ち着いた雰囲気を感じさせてくれる、
優しい空間になっています。

現在は、残念ながら閉店しました。

http://bookcafemayutama.web.fc2.com/



00:47 | 桑折町関連のHP | comments (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。