スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

【事業計画】平成27年度 事業計画

<平成27年度 事業計画>

= 基本方針 =

1.桑折町における桑折町商工会青年部の
  存在意義の再確認
2.町商工業発展に向けた取り組み
3.地域振興事業への積極的な取り組み
4.部員間のコミュニケーション力の向上
  による協力と連携
5.個々の自己修練・自己研鑚
6.他団体との交流事業への積極的な参加

<青年部FC事業本部>
【委員会方針】
青年部員として、次世代を担う経営者としての
資質向上を図り、他団体や異業種との積極的
交流を行うことで絆を深め、未来における桑折
町の商工業等振興のための事業を、新たな
価値観をもって創造できる部員になることを
目指す。

【事業内容】
(1)地域振興事業

  ・町内清掃クリーンアップ活動の実施
   商工会の日「クリーンアップ事業」
(2)研修事業
  ・資質向上のための研修会等の開催
  ・先進地等への視察研修旅行の企画実施
(3)広報事業
  ・県北商工会青年部連絡協議会広報紙
   「けんぽくぽく」記事掲載(年3回)
  ・ホームページの更新
  ・会報誌の作成、発行
  ・青年部活動の対外的PR
(4)福利厚生事業
  部員間及びOB間との親睦、交流促進を図る。
  ・商工会親善球技大会への参加
  ・暑気払い、忘年会、新年会の開催
(5)異業種等交流事業
  様々な業種や各関係団体等事業へ積極的に
  参加並びに交流し、部員個々のスキルアップ
  を図るとともに、連携活動を模索する。
  ・県北商工会青年部連絡協議会事業への参加
  ・福島県商工会青年部連合会事業への参加
  ・その他異業種との積極的な交流、事業への参加
(6)部員増強活動の実施

<こおりT.P.P実行志隊>
【委員会方針】
「Town Promotion Plan」 桑折町の歴史や地域
ならではの魅力を町内外の方に発信していき、
町おこしを計画するのが目的です。また、農産物
や特産品を発信していくとともに、新たな地場産品
を開発する計画を立てております。

【事業内容】
(1)ふるさと産品宣伝・販売事業

  ・「桑折プレミアムウエスタンバーガー」の販売、
   改良の実施
  ・バーガーの町内店舗販売普及活動
  ・町外へのPR
(2)ふるさと産品開発事業
  (永久グルメプロジェクト)
  明確な目標(お土産品、地元定着など)を設定
  した、新たな「食」の開発。永久に愛される、
  こだわり(A級)産品の開発。
(3)桑折町情報発信プロジェクト
  桑折町の魅力や最新情報をピックアップし、
  様々な方法を駆使して対外的に情報発信を
  行う。また町内への誘客を図り、交流人口の
  拡大から町の活性化を目指す。
  ・発信情報の掘り起こし
  ・SNSを活用した情報の発信
  ・ホームページ、チラシ製作による情報の発信
  ・動画制作から「you tube」掲載による情報発信
  ・「ふくしまの元気! 応援CM大賞」への参加検討
 
<イベント事業>
【事業目的】
東日本大震災及び原発事故により、町外・県外への
避難者が後を絶たない中、交流人口減少や風評被害
により地域経済も大きなダメージを受け、規模縮小や
廃業を余儀なくされる事業所も少なくない状況下に
あります。桑折町経済を支える地元企業、商店自らが
消費者に対し積極的にPRし行動を起こすことで、町内
事業所が持っている本来の活力を再生させ、風評被害
や閉塞感を払拭しながら、町内外へ「元気」「勇気」「活気」
を与える契機とする。
また、これからの桑折町商工業を担う青年部員が先導
することで、新たな風を取り入れながら、何者にも揺るが
ない事業所間の結束と絆を構築し、連携基盤を固め、
将来の桑折町商工業発展の礎をつくることを目的とし
実施する。



スポンサーサイト
03:06 | 事業計画 | comments (0) | edit | page top↑

【部長挨拶】平成27年度 部長挨拶

東日本大震災から早や4年が経ちました。
震災により深刻なダメージを受けたあのときより
町では除染活動が行われ、そして災害公営住宅
の建設など、町は復旧・復興が進みつつあります。
しかし一方では、原発問題による農産物の風評被害、
他の地区への住民避難による人口減少など、まだ
多くの問題を抱えております。

そして私たち商工会青年部も、以前からの大きな
問題“商工会青年部員減少”という大きな問題を
抱えています。商工業の後継者不足は全国的な
問題であり、これからの町の商工業発展には大きな
課題となってきます。青年部員の減少に歯止めを
掛けるべく協議がされてきて、昨年度より青年部員
の年齢制限が引き上げられ、今までの「40歳まで
の者」が「45歳までの者」となりました。そして、
部員資格に女性の参加も認められるようになり
ました。しかし、こういった改定も根本的な解決には
ならず、まだまだ考えなければいけないことが多く
あります。

平成27年度桑折町商工会青年部は、今までの先輩
方が築き上げてきたことを継承しつつ、現在・そして
未来に向けて部員一人ひとりが「何が必要で 何が
できるのか」を自分で考え、発言、行動し、これから
活動していきたいと思います。

そして、各事業・イベントを通して部員間の“絆”を
深め、より多くの“経験”を積むことにより、部員一人
ひとりが大きく成長し向上していくことにより、
自社の発展、町の商工業の発展につなげられる
ような、そんな1年にしていきたいと思います。

        平成27年度 桑折町商工会青年部
            部長 蓬田 豊和


02:25 | 部長挨拶 | comments (0) | edit | page top↑

【部員・事業所紹介】平成27年度 部員紹介

≪平成27年度 桑折町商工会青年部 部員名簿≫

 青年部役職氏  名事業所名
1部 長蓬田 豊和(有)蓬田農機商会
2副部長岩崎 雄一(有)岩崎設備工業
3副部長鈴木 堅之割烹 仙台屋
4常任委員
(青年部FC事業本部 本部長)
佐藤 智康リカーショップ 旭屋
5常任委員
(こおりT.P.P実行志隊 隊長)
田村 直弥(有)マインドビジネス
6常任委員
(相談役)
小野 紀章おの建築設計事務所
7一般正部員(監査委員)髙橋 朋之(有)髙橋電器
8  〃新房 辰孔二弘建設(株)
9一般正部員土屋 寿広土屋造園
10  〃   後藤 聡朗(有)キタザワ
11  〃大野 雅史手作り菓子工房 大野屋
12  〃藤倉  学(有)ミノルオート
13一般賛助部員安彦 隆生(株)鞄工作社いたがき
14一般賛助部員(監査相談役)菅野 和記福島信用金庫 桑折支店
15      〃橋本 純平東邦銀行 桑折支店
16OB賛助部員神尾 周太郎(株)神尾印刷所
17   〃本間 英樹桑折ガス(株)
18   〃菅野 英輝(有)菅野製印所
19   〃山川 憲彦福興産業(株)
20   〃熊本 祐司(株)熊本園芸
21   〃藤倉 伸祥(有)藤倉保険企画
※平成27年4月17日現在


02:07 | 部員・事業所紹介 | comments (0) | edit | page top↑

【青年部員のHP】株式会社 鞄工作社いたがき

kaban.jpg

革にこだわり、独自の技術で柔らかく軽い鞄を開発。
使い勝手が良く丈夫なうえ、ユーモアや楽しさもある。
県内外を問わずファンも多い、鞄工作社いたがきさんの
HPです。

青年部員:安彦 隆生

http://www.kk-itagaki.co.jp/



14:14 | 青年部員のHP | comments (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。